公式ブログ

公立小学校の英語授業 その5

 

今回は「曜日」と「色」にスポットを当てて行われた英語の授業をご紹介します。

 

 

「曜日」を覚えよう!

 

まず、SundayからSaturdayの曜日を書いた、計7枚(A4くらいの大きさ)の紙を黒板に貼っていきます。紙には英語のみ書かれています。

 

 

Sundayから順に先生が指差しながら言っていくので、全員でリピートします。

 

2回目からは、曜日の順番を入れ替えていき何度か繰り返します。

 

「Saturday」だけは身振りをまじえて覚えるようです。

 

先生も生徒も、まるでオーケストラの指揮者のように少し大げさなくらいに手を振り、人差し指を立て最初の ‘Sa‘ で振り上げ、後は下げていきます。

 

今度は歌に乗せて覚えていきます。

 

お馴染みの、「Sunday, Monday, Tuesday~♪ (Days of the Week Song )」です。

 

CDをかけ、皆で歌いましょう!元気よく。

 

CDに収録されている声にあわせて2回、3回くらい一緒に歌えば大体の生徒は覚えてしまうようです。

 

一週間の名称を覚えたら次に進みます。

「今日は何曜日?」

黒板の右下に書いてある日直さんの名前の上には今日の日付、曜日が書いてあるものです。

 

それを指差し、先生は皆にたずねます。

「What’s day is today?」

 

何を言っているのかわからない生徒もいますから、ネイティブの先生もここは日本語で説明してくれます。

 

ようやく意味を飲み込めた子どもたち。この日は火曜日でした。

 

「It’s Tuesday!」

 

答え方を教えてもらい、全員で元気よく答えます。

 

次回もちゃんと覚えているでしょうか。

 

 

「Color」を覚えよう!

 

金銀ふくめ10色の折り紙を用意します。

 

教室の机のうちいくつかを、右端から左端まで横長ーく教室に並べていきます。

 

2列同じ長さで作りましょう。

 

並べた机に三角に切り取った色画用紙を一列に置いていきます。カラーは全部で10色前後。

 

赤、青、黄色、など基本の色から、金銀もあります(←子どもに人気です)。

 

色とりどりの画用紙で机の上はとっても華やかです。

 

並べた机の端と端に班ごと分かれます。

 

1列目右端は1班、左端は2班、2列目右端は3班、左端は4班といった具合に生徒は4班に分かれました。

 

1人ずつ交代でおこなうゲームなので順番を決めておきます。

 

さあ、いよいよゲームスタートです。

 

先生の「Ready go!!」の声にあわせて先頭の1人目が1枚目の色画用紙の色を英語で言います。

 

言えたら2枚目、3枚目。次へ次へと進みます。

 

 

わかる生徒はどんどん進んでいき、あっという間に半分まできました。

 

相手チームと出会ってしまったらじゃんけんです。

もちろん英語で。

 

「rock、scissors、paper go !」

 

負けたら2人目の生徒と交代です。

 

2人目はまた最初からスタートしなくてはならないので不利な状況、相手チームがどんどん攻め込んできます。

 

分からないカラーがあったらそこでずっと止まっていなくてはいけません。

 

「purple」がなかなか出てこない生徒が多いみたいです。

 

自分のチームが相手チームのスタート地点までたどり着いたら1ポイント入ります。

 

そしてまた端と端から両チームともスタートします。

 

時間切れになるまで続けます。

 

今日は2回このゲームを行い、大変な盛り上がりのなか終了しました。

2013.05.05 |  498 | 

まずは体験レッスンから始めてみませんか?

アクティブの英会話レッスンをご体験ください!