講師の採用と教育

どんな講師がいるの?

センターでは、子供英会話の出張レッスンに最もふさわしいのは、ネイティブではなくバイリンガルの日本人講師であると確信しています。

先生方はどなたも大変に教育熱心で子供好きという方々ばかりです。


「未来ある子供たちに自分の英語能力や国際理解能力を伝達してあげたい」

という熱意が

「お金を稼ぎたいから」

という理由を大きく上回っている方ばかりなのが、ネイティブにはない大きな特徴です。

よくお問い合わせのなかで

「どのような先生がいるのですか?」

というご質問をされます。

それについてのお答えとしては、

全員が「長期でレッスンが可能」な「子供好きで教育に熱意のある」方だ、

ということは間違いなく申し上げられます。

それ以外の要素、例えば

「海外滞在歴」「発音の良し悪し」「年齢」「講師経験年数」

などはさまざまですので、各自「こういう先生が良い」という条件をリクエストください。

先生のステイタスとしては、世間的な区分けですと

「既婚の女性」「OL」「専任講師」「帰国子女の大学生」
(順番は数の多い順ではありません)

が多いです。

また、よくある家庭教師紹介サイトのようにオンライン登録制ではなく、きちんと英会話力・子供への指導力を試す面接を現役英語講師が行った後、合格をした方のみ生徒さんにご紹介しています。

大事なお子さんを預かるということを常に肝に銘じながら、業務にあたっています。

指導力向上のために行っていること

当センターは、生徒さんと先生とのマッチング機関としてだけの機能ではなく、優秀なバイリンガル講師の育成指導にも力をいれています。

先生専用のサイトもあって、そこでは講師のためのネットワーク作りやスキルアップの場をご提供しています。

具体的には、

「子供英会話講師養成講座」や「講師のためのワークショップ」

などを定期的に開催。

子供への英会話指導についての知恵を交換しあったり、より良い指導のために出来ることを常に挑戦し続けているのです。

特にクリスマスやイースター、ハロウィンなどのイベントに合わせて行う「特別レッスンプログラム、アクティビティの情報交換ワークショップ」などは毎回好評を頂いております。

このワークショップは講師たちが自腹を切って、有料で参加をしています。

過去には新幹線を使ってご参加くださった先生もいらっしゃいました。日本人講師の子供指導に対する熱意を、このことからも読み取っていただけるかと思います。

イースターワークショップの様子

イースターワークショップの様子

イースターワークショップの様子